実川製作株式会社空き缶つぶし機「自缶です」 お問い合わせ
社長の自社商品を創りたい、展示会等で人の呼べる看板商品が欲しいとの要望を受けて
製作したのがこの製品、自転車のペダルを漕いで空き缶を潰し
資源保護とリサイクルに役立つ作品と自負している(2015年5月5日公開)
機構は簡単で歯車とリンク機構を併用している。
小学生でも潰せるよ、展示会での公開が楽しみだ、喜んで子供たちが潰す様子が目に浮かぶ、来社した大人たちがみんな面白がっている
中の機構が子供たち見て判るようにポリカの透明で外側を囲うつもりでいる、動く原理、トルクをだす仕組み等がアナログで作られているのが分かれば
興味を持ってくれるだろう。
6月21日(日)子ども会の廃品回収でデビューした缶潰し機、面白がって順番でペダルを漕いでいた、小さな子供も立ち漕ぎで一生懸命つぶしていた。

 空き缶潰し機  空き缶つぶし
空き缶つぶし機全体図、空き缶投入口は社長が奮闘中 
 空き缶つぶし
 試作機なので、アルミフレームでくみ上げた、これからテストを繰り返し、修正を入れていく
 リボルバー(空き缶潰し機)
缶が1個ずつ潰せるようにリボルバー式の円盤を取り付けた。
 缶つぶしペダルカバー
ズボンのすそがチェーンに絡まないようにカバーを取り付けた
社長曰く、
潰す前から歪に潰れた缶はどうなる。
子供が怪我しないようにするには、どんな投入口がいいのだろう
子供が楽しめるようにカムで動物のおもちゃが動くようにしたい

遊んでる、社長が

俺は機構は出来たから後は知らない
社長に任せるから自由に投入口を考えてみてくれ
アイデアマンだから面白いものが出来るだろう、楽しみだ
また写真を公開するよ
潰した缶
ご覧のとおりペッチャンコにアルミ缶、スチール缶もOK
コーヒー缶はスチール、ビール缶とコーラ缶はアルミ
 潰れた缶
斜め横から、厚みがわかるかな
5分の1位の厚みになったかな
子供たちと缶つぶし  缶つぶしとこどもたち
 ちいさな子供が缶つぶし
日曜日に子ども会の廃品回収でお披露目
面白がって缶をつぶしていた、小学校2年くらいの女の子も立ち漕ぎしながら一生懸命つぶしていた。
お兄ちゃんたちが危なくないように見守りながら1個ずつ缶を投入口に入れていく、ほほえましい限りだ。
まだ90%の仕上がりだが、小さな子供でもつぶせる事が分かったので完成に向けてがんばろう