ネジのページへ アルミニウム おといあわせ
材質特性の紹介

特徴 アルミニウムの密度は、鉄や銅の約1/3で各分野で軽量化に役立っています。
また、大気中で自然に耐食性のよい酸化皮膜が形成され、優れた耐食性をもっています。
成形加工、切削加工性も良くきわめて広い用途で使用されています。
電磁気の磁場にほとんど影響されず、磁気を帯びることはありません。
電気伝導性は銅の約60%導電率があり、銅の半分ほどの重量のアルミニウムを使用することで銅と同量の電流を通すことができます。
また、熱伝導性もいいのもあげられます。
スクラップの再生が他の金属に比べ非常に容易で、スクラップ価値が高くなり、このため資源の有効活用、廃棄物公害防止に役立っています。
しかし、他の金属との電位差が大きく『電食』作用がおきやすいのが難点。
業界・用途 航空機・船舶・車両(電気自動車・リニアモーターカー・ロケット等)
ロボット部品・建築物の内外装・熱交換器・エンジン部品・冷暖房装置
食器包装容器・送電線、配電線
PRポイント A7050材は、チタンに比べ耐食性は劣るものの、強度に関しては強度AL6(JIS B 1057)相当の強度があります。鉄で例えると、5T相当以上です。
コスト面でもチタンに比べ安価で、耐食性を重視しない個所での使用では、チタンよりも軽量化という面で優れています。
既製品取扱品目 リベット A1050 非熱処理型
小ねじ A5052 非熱処理型
六角BT A5056 非熱処理型
六角NT(M8迄 A5056 非熱処理型
六角NT(M10以上 A2011 熱処理型
CAP(生産中止) A7050 熱処理型
フランジBT A7050 熱処理型
アルミネジのページへ