資料強度区分
六角ボルトや六角穴付ボルトによく使われる数値について、参考となるお話を掲載します。

強 度 区 分
「12,9」の表示の意味
小数点の左の12という数字は最小引張荷重「120kgまで切れない」
小数点の右側の9という数字は弾性変形「延びても元に戻る強さ」を表しこの場合120kgの90%(108kg)までは延びても元に戻ることを表しています。(降伏荷重または耐力)
弾性変形の数値をこえると、延びきって元には戻れません。
(塑性変形)
上記の意味から
「10,9」は100kgまで切れずに90kgまで元に戻る
「8.8」は80kgまで切れずに64kgまで元に戻る
「4.6」は40kgまで切れずに24kgまで元に戻る

JIS規格では10種類の強度規格が定められています。
  3.6   4.6   4.8   5.6   5.8   6.8   8.8   9.8   10.9   12.9
(力の単位は、1平方ミリメートルあたりです)
「11T」の表示の意味
110kgまで切れないという最小引張荷重だけをあらわしています。
上記の意味から
[8T」は80kgまで切れない
[7T」は70kgまで切れない
[4T」は40kgまで切れない
「11T」と「10.9」は”0.1の差”でほとんど同じと誤解されやすいのですが
実際には引張強度が110kgと100kgで10kgの差があります
(○○Tという強度区分は1999年4月1日で廃止となりました)