規格のページへネジに使われるメッキ仕様 おといあわせ

メッキの色見本と詳細説明を下に掲載しておきました。
クロクロメート
黒色クロメート   下地に電気亜鉛メッキを貼り、硝酸銀などを含んだ溶液でクロメート処理をすると黒色になります。銀が黒色を作っています。比較的安価に黒色のメッキができるため広く利用されています。耐食性は有色クロメートや光沢クロメートより劣ります。
チャブロンズ
茶プロンズメッキ  GBメッキは鉄とステンレスでは処理方法が違い、鉄の場合は、下地に銅メッキを貼った後、特殊な薬品で色づけ研磨をします。 ステンレスの場合は、熱処理によりステンレス自体を変色させます。
ユニクロメッキ
ユニクロメッキ   下地に電気亜鉛メッキを貼り、フッ化物を含んだ溶液でクロメート処理を施します。クロメート被膜はシルバー色です。耐食性は有色クロメートよりやや劣ります。
クロメート
クロメートメッキ  下地に電気亜鉛メッキを貼り、その上に化成処理であるクロメート処理を施します。クロメート被膜は黄褐色です。
ニッケルメッキ
ニッケルメッキ   装飾用に広く用いられるメッキで、キラキラ輝く光沢を持ちます。しかし、電気亜鉛メッキ+クロメート処理ほどの防錆力はありません。耐食性と外観を向上させるために、下地に銅メッキ貼り、その上に光沢剤入りのニッケルメッキを貼ります。
「黒染め」     四三酸化鉄被膜で色が黒く、防錆力は「生地よりはまし」という程度です。
ドブ         鉄鋼部品の防食用として主に用いられています。電気メッキと比較すると、表面 の粗さや外観が劣るが、メッキの皮膜が厚く耐食性、耐久性に優れています。ドブとは、溶融亜鉛の槽をドブにたとえ、そこに浸漬する事からこう呼ばれています
クロームメッキ
クロームメッキ(スズコバ)
ニッケルメッキの上に薄くつける、装飾用に多く使われるメッキ。
光沢があり、青みがかった銀色をしている。
サンカクロメート
3価クロムクロメート(ホワイト)
6価クロムを含まない、環境に優しい。
現在ネジ全体が3価クロメートに移行しつつある。
サンカクロクロメート
3価クロムクロメート(ブラック)
6価クロムを含まない、環境に優しい。
現在ネジ全体が3価クロメートに移行しつつある。

メッキサンプル
 
メッキ説明
 
メッキサンプル
 
環境対応説明